仕事の本質

DSC09530

今、とある企業の再生という難しいプロジェクトをメンバーの一員として進めています。「再生」という目的を、「新たな社会的な価値の創造」に変えて考えています。そこには現実的な課題も多く存在し、なかなか前に進めない事も多々あります。まだ数ヶ月ですが、プロジェクトを進める中で感じることがありました。それは、それぞれのプロフェッショナルが実力を発揮することは最低限の仕事であり、目に見えない感情のやり取りや世代を超えたビジョンの共有など、個人個人の感覚に近い部分まで配慮し、理解し合う事がとても大切だと感じています。それが一番の課題であり、何をするにしてもその部分がある意味で「違う」ということを理解し、個々を認めるということをしなければ編んでいる糸はすぐに解れてしまいます。年齢、性別、性格、環境など同じ人間はいません。その中で可能な限りお互いを感じ合い、わかり合おうとすることで距離は縮まり、具体的な作業効率や仕事の質にも影響は出てきます。逆に言えばそういったメンバーが集まる事ができればどんな高い壁も充実感を感じるための要素にしかならないのではないかと。

インターネットやクラウドの恩恵により、物理的な距離が縮まった時代の中で、電波や都合に縛られることのない人間同士の距離感を縮める。それが何よりも大切であり、結果として自分の存在意義を示す、いわゆる「アイデンティティ」を示すことなのではないだろうか。そう実感しています。その想いを胸に、「何か」を僕といる空気のなかで感じてもらい、少しでも変化を生み出すことができれば、この輪は無限の可能性を持つと思います。仕事に置き換えれば、企業のブランディングをするために、まずは個人個人のブランディングを自らの中で生み出し、自信を持つ。それがすべてであり、間違いなく、どんな環境や都合にも邪魔されない「価値」の気づきになると思います。そんな想いを持ち、世の中に発信していく人のお手伝いが僕の仕事かなと。

その為にもまずは僕自身が自らに自信をもってあたることが最低限の条件。
そんな空気感に包まれるために、今日はどこでどんなドアを開けてみようか。
プロジェクトの経過を良い形でまた報告できれば嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Track Back URL: http://www.eddie.ne.jp/days/wp-trackback.php?p=178